最新の日本医史学雑誌のご紹介

第67巻第4号
2021年(令和3年)年12月20日発行
通算 第1584号
原  著
『解体新書』究理堂系書入れ本について ………村松 洋


第67巻第3号
2021年(令和3年)年9月20日発行
通算 第1583号
原  著
多紀元簡 『槴中鏡』 について ………成  高雅
味岡一門の 「三蔵」 系文献と 「三蔵」 について ………中  雅哉,斉藤 宗則

第67巻第2号
2021年(令和3年)年6月20日発行
通算 第1582号
第122回日本医史学会学術大会 抄録号


第67巻第1号
2021年(令和3年)年3月20日発行
通算 第1581号
原  著
明治種痘の研究―補完する種痘積善社と対立する種痘勧善社― ………松村 紀明
近代精神医療の導入の再検討―東京府癲狂院建設計画における 「操業」 の分析を中心に― ………幸  信歩
明治期皇子女と漢方医―なぜ漢方医が皇子女の主治医となり最終的に罷免に至ったか?― ………川島  希
第66巻第4号
2020年(令和2年)年12月20日発行
通算 第1580号
原  著
華岡青洲編『産科瑣言』諸写本の書誌とその内容の研究………松木 明知


第66巻第3号
2020年(令和2年)年9月20日発行
通算 第1579号
原  著
廣田伝亮(泌,子泉)の「見聞録」と1820年代初期の春林軒における医療………松木 明知


第66巻第2号
2020年(令和2年)年6月20日発行
通算 第1578号
第121回日本医史学会学術大会 抄録号


第66巻第1号
2020年(令和2年)年3月20日発行
通算 第1577号
原  著
ビルマ派遣日本赤十字社救護看護婦の復員過程………川原由佳里
1890–91年帝国日本の医療技術評価―帝大病院・内務省衛生試験所の「ツベルクリン」検証報告を精査する―………月澤美代子
第65巻第4号
2019年(令和1年)年12月20日発行
通算 第1576号
原  著
東南アジアにおける英国看護婦の経験―ビルマ戦での看護に焦点を当てて―………川原由佳里
民間からの戦後医療改革―聖路加国際病院と橋本寛敏に注目して―………藤本 大士
華岡青洲の撰による「青嚢秘録」の書誌学的研究―とくに初期の写本と全身麻酔薬を中心として―………松木 明知


第65巻第3号
2019年(令和1年)年9月20日発行
通算 第1575号
原  著
華岡青洲の「瘍科瑣言」の成立と写本の系統に関する研究………松木 明知
従来開業女医についての一考察………三﨑 裕子
英国における陸軍看護制度と第二次世界大戦における実際―戦争と看護の歴史をみる視点に焦点をあてて―………川原由佳里


第65巻第2号
2019年(令和1年)年6月20日発行
通算 第1574号
第120回日本医史学会学術大会 抄録号
会 期:令和1年5月18日-19日
会 場:ウインクあいち


第65巻第1号
2019年(令和1年)年3月20日発行
通算 第1573号
原  著
明治期の大阪における産婆制度の変遷………阿部奈緒美
華岡青洲の「青洲医談」に関する研究―諸写本の書誌,成立,内容,異名同書についての考察―………松木 明知
村井椿寿(琴山)と吉益東洞………松﨑 範子
1887–90年『順天堂医事研究会報告』における集団的技術評価と医療情報の普及・共有―コカイン局所麻酔を事例として―………月澤美代子