日本医史学会について

日本医史学会Japanese Society for the History of Medicine(JSHM)は、医史学の研究と知識の普及を目的に、1927〔昭和2〕年に設立された学会です。日本医学会を構成する128の学会の第1分科会と位置づけられています。

医史学では、医学の歴史のみならず、それに関連するあらゆる領域の歴史を幅広く探究します。その歴史の視野には、医学とそれに関わる歯学・看護学・薬学などの諸分野、医療による病の癒やしとその社会・文化との関わり、医史における先人たちの事跡、自然科学・生物学の一部としての側面などが含まれます。さらに日本の伝統医療である漢方医学の歴史も重要なテーマになっています。

日本医史学会では、医史学を研究しその普及をはかることを目的として、学術大会(年1回)・月例会(年8回程度)などのイベントの開催、機関誌『日本医史学雑誌』(季刊)の発行、医史学に関する著作・研究の表彰、先哲の顕彰などの事業を行い、また日本の医史学界を代表して内外の関連学術団体などとの連携を行っています。

役員

理事長 坂井建雄
副理事長 小曽戸 洋
常任理事 川嶌眞人 西巻明彦 真柳 誠 ヴォルフガング・ミヒェル
監事 鈴木晃仁 鈴木達彦
理事 青木歳幸 猪飼祥夫 蔵方宏昌 佐藤 裕 澤井 直
志村俊郎 園田真也 瀧澤利行 長野 仁 町 泉寿郎
松田隆秀 柳澤波香 山内一信 渡部幹夫
代議員 相川忠臣 板野俊文 今井 秀 岩間真知子 海原 亮
遠藤次郎 逢見憲一 小形利彦 郭 秀梅 梶谷真司
梶谷光弘 勝井恵子 加藤茂孝 亀田一邦 川原由佳里
上林茂暢 小林健二 渋谷 鉱 島田達生 杉田 聡
鈴木則子 鈴木紀子 武田時昌 田中誠二 月澤美代子
都倉武之 土手健太郎 殿﨑正明 永島 剛 野尻佳与子
橋本 明 花輪壽彦 葉山美知子 樋口輝雄 平尾真智子
星野卓之 松村紀明 宮川浩也 百瀬 祐 柳川錬平
山崎正寿 吉川澄美
名誉会員 岡田靖雄 奥沢康正 蒲原 宏 酒井シヅ 杉田暉道
田中祐尾 深瀬泰旦 松木明知
功労会員 青木國雄 赤祖父一知 荒井保男 岩崎鐵志 片桐一男
小林 晶 島田保久 新村 拓 高橋 昭 中澤 淳
中橋彌光 原田康夫 松下正明 吉田 忠
編集委員
 委員長 町 泉寿郎
 委員 逢見憲一 澤井 直 永島 剛 松村紀明 渡部幹夫
TOP